介護業界 転職

介護業界への転職に迷うこと

1.さあ、転職だ
  転職のタイミングはひとそれぞれ。
  実際は、別のお仕事をしている方が、ご自身の中で、介護・福祉のジャンルに深く興味が出てからの転職です。社会的に求められている業界であることからも、社会貢献という発想での転職者も多いと言えます。
  ですが、中には、必要に迫られての転職者も増えています。家族や身の回りの方で、介護の必要が発生し、自分自身も専門知識を持つ必要が出た場合などです。
  「必要だから」転職、「チャレンジしたいから」転職でも全く問題ないと思いますが、ここで重要なのは、業界未経験の方は、多くの不安を抱えている点でしょう。

 

  では、はじめて介護のお仕事に転職しようとした場合、どういった疑問がでてくるでしょうか?

 

【介護転職についての疑問】
   ・どこで専門知識を学べばよいのか? あと、その費用や期間など
   ・未経験者や知識のない人間は、働けないのか?
   ・転職に適した時期(タイミング)はあるのか? 
   ・労働環境などは大丈夫か? etc…

 

 それぞれに働く状況や希望する事柄が異なる中で、まずは転職時に必要な点を、整理していくことをお薦めします。

 

2.転職に際してのチェックポイント(代表例)
  個別の転職理由が異なるため、まずはここでは、企業(働き先)を選択する際のチェックポイントを整理していきたいと思います。

 

  【求人から分かる代表的なチェックポイント】
   ・給与     → 転職時の最大の注意点(前職と比較してどうか)
   ・通勤距離   → 家からどれだけの時間かかるのか、疲労も考慮し注意
   ・会社の規模  → 安定的に働くためには、ある程度の会社状況を分析

 

  【求人に書いてない場合でもチェックして欲しいお薦めポイント】
   ・経営状況   → こちらも安定的に働くために、出来る限りの分析が必要です
   ・労働環境   → 残業時間、設備、勤務体制(シフト人員)など
   ・福利厚生   → 各種保険の加入状況や安全管理など
   ・人間関係   → 退職理由の上位に来る項目であり、気になります
   ・社内での教育制度など → 業界知識の浅い方には気になる点です etc…

 

  上記は、安定的に長く同一の企業で働くことを想定したチェックポイントを整理したものですが、他にも多くの注意点はあります。事前に企業のHPやWeb情報などをしっかり確認してから転職するようにしましょう。