介護福祉士の職場の魅力

介護福祉士の資格は国家資格に当たりますので、取得することができれば一度離職したとしても有資格者として職場復帰することができます。そして国内であれば、介護福祉士を必要としている場所であれば、どこでも資格を生かして働く事が出来ます。そのため、子育てや自分の親の介護などが一段落した人でも復職しやすい職種かもしれません。

 

 さらに福祉の現場は、様々な特徴を持った職場が多数にあるため、自分のスキルアップを目的に選ぶもよし、自分のライフスタイルにあった条件で働く事が出来る場所を探すもよしなど、様々な優先条件に合わせて職場を選択することができます。これも介護福祉士の魅力のひとつかもしれません。

 

 介護の現場では、その職場の特色や系統に合わせて魅力がそれぞれ異なります。病院と介護施設でも、魅力は異なりますし、通所系サービスと訪問系サービスでもそれぞれ魅力は異なります。
 例えば、病院では様々な疾患を持った方を、医師や看護師と共にサポートすることで、他職種戸の連携を取る事が介護職としてのスキルアップを図ることが可能です。また訪問系サービスでは、利用者の自宅の中での介護提供を行いますので、利用者や家族への介護指導を実践的に直接指導する事が可能だったり、住環境を整える事が出来るなどのメリットがあります。

 

 それぞれの職場の魅力を十分に検討し、自分の優先条件にあった職場を探したいものです。