訪問サービスとは

■訪問サービスとは
 介護サービスの内、自宅等で受ける種類を「居宅サービス」と言いますが、介護スタッフに直接自宅まで来てもらって受けるサービスを、訪問サービスと分類しています。
そして、訪問サービスの中にも、幾つかの分野があります。
代表的なものを以下に4つ、まとめてみました。

 

【代表的な訪問サービス】
・訪問介護(夜間対応あり)
・訪問入浴介護
・訪問看護
・訪問リハビリテーション

 

1.訪問介護について
  最も一般的な訪問サービスのお仕事となります。
  要介護者の方が暮らす自宅等へ、介護の専門スタッフが訪問し、日常の生活を支援するものです。トイレ、入浴、食事、歩行等、一般的な日常生活の部分を支えるものであり、通所もしくは入所せずとも良い上、障害者向けの支援も可能なため、非常に良い制度と言えます。
  また、夜間対応のみのサービスもあり、夜間の巡回や、随時訪問してのケアはもちろんですが、随時の連絡が可能なコール等のシステムにて、要介護者の緊急事態に備えるような体制を取っていることが一般的です。

 

2.訪問入浴介護
  要介護者に入浴介護を行うサービスですが、車に浴槽ごと詰め込んで訪問するなど、非常に大がかりな、対応となります。スタッフも、看護職1名、介護職2名の計3名(もしくは介護職3名)と、専門家が必ず付き添います。
  ここまで徹底しているのは、入浴が生活の基本的な部分であることはもちろんですが、医療的にも重要な行為であり、かつ安全管理をしっかり行う必要があると介護側が考えていることが原因と言えます。

 

3.訪問看護
  主に訪問看護ステーション、病院、診療所などより看護師が要介護者の自宅等を訪問するサービスを指します。ただし、要介護者が安定していることなど、幾つか条件があり、最終的には自立した生活を送ってもらえるようになるための制度です。
  そこで、通常の介護サービス以外にも、リハビリテーションなどの訓練を行うなど、高度な内容が可能なスタッフが付き添います。
4.訪問リハビリテーション
  このサービスを受けるには、幾つかの条件が必要です。症状が安定しており、主治医より訪問リハビリテーションの必要性を認定されていることが前提となります。内容は社会復帰を目指すためのリハビリテーション訓練ですので、非常に専門的なサービスとなります。

 

 他にも多くの分類がありますが、最後にまとめると、訪問サービスは、自宅から動くことが困難な方々へのセーフティネットであり、特に交通の便の悪いエリアや、地方などでも非常に有用なシステムと言えます。今後の高齢化の進展や地域の過疎化問題などから起こり得る独居老人の対策としても、訪問サービスを行うことで、最新の地域事情が判別することにも役立つと言え、こうした仕事を中心とした職場に転職を希望される方については、将来的にも広く求められている点からも、期待の高い分野と言えるでしょう。