精神保健福祉士

■精神保健福祉士とは
 特に、精神障害者向けの福祉や保健関係全般に対するサポートを行う専門家です。精神保健福祉士は、社会復帰を行えるための助言等や日常生活へ適応するための支援を行うのみならず、単に精神障害者向け以外にも、企業のメンタルヘルスや各種法に基づいた支援を行うなど、精神保健分野以外の活躍を期待されています。精神医学ソーシャルワーカー(精神科ソーシャルワーカー)を指す資格でもありますが、近年は精神保健福祉士の名称自体が、職業として認知されています。略称であるPSWで呼ばれることもあります。
■受験の注意点
 精神保健福祉士になるには、幾つかの受験要件をクリアしなければなりません。
 受験要件は大きく分けて学歴等の要件があります。@学歴要件のクリア:4年生大学で指定科目を修了した方、もしくは2年もしくは3年制短期大学などで指定科目を修めて卒業し、更に指定施設での1年もしくは2年の実務経験を積んだ方、A養成施設:指定の精神保健福祉士養成施設を卒業された方
 これらの要件をクリアし、はじめて試験の受験資格が得られます。
 試験科目の概要は以下となります。
 筆記:精神疾患とその治療/精神保健の課題と支援/精神保健福祉相談援助の基盤/精神保健福祉の理論と相談援助の展開/精神保健福祉に関する制度とサービス/精神障害者の生活支援システム/人体の構造と機能及び疾病/心理学理論と心理的支援/社会理論と社会システム/現代社会と福祉/地域福祉の理論と方法/福祉行財政と福祉計画/社会保障/障害者に対する支援と障害者自立支援制度/低所得者に対する支援と生活保護制度/保健医療サービス/権利擁護と成年後見人制度etc…
■転職の注意点
 活躍場所としては、専門である心の問題を扱うということで、多岐に渡り、精神病院に代表される医療施設全般、障害者支援施設、各介護施設が挙げられます。ただし、いずれも医療の専門分野と深く関わる分野であることから、非常に高いコミュニケーション能力と忍耐力、人間性、落ち着きなど、資格以外の部分の評価基準が高いと考えて下さい。
また、社内の経験豊かなスタッフが取得することを望む施設等も多いため、新規の募集は他の介護系資格の中でも、それほど新規募集は出ない傾向があります。
ただし、社会的背景からニーズが増えていることと、1997年創設の新しい資格ということから取得者も少なく、その点が有利に働くこともあります。
■試験情報
・合格率:56.9%(2013年度)
・試験日等:例年1月下旬
・受験料:13,250円

・問い合わせ先
 公益財団法人社会福祉振興・試験センター
 東京都渋谷区渋谷1-5-6
 TEL:03-3486-7559
 http://www.sssc.or.jp/