作業療法士

作業療法士とは

■作業療法士とは
 介護・福祉の資格については様々なものがありますが、皆さんの作業療法士のお仕事イメージとしては、患者さんなどと一緒に、工作・工芸、手芸、絵を描いたりしていることろを思い出していただければ、まさにそういったところが業務風景となるでしょう。
 心身に障害のある方々に、様々な作業活動を通じて、社会復帰や自立した生活が営めるように治療し、支援していくのが、作業療法士の役目です。障害のある方に寄り添い、一緒に作業をしていく中で、前向きに社会で生活していけるようサポートしていくため、非常に多岐に渡る、介護、福祉、教育等の知識を身に付ける必要があります。今後は、各種施設や、在宅の医療・介護の需要が高まることが予想される中、多岐に渡る分野で活躍が期待され、社会から求められている資格と言えます。
■受験の注意点
 作業療法士になるには、2つの受験要件の内どちらかをクリアしなければなりません。
 受験要件は大きく分けて学歴、実務経験等の要件があります。@大学入学の資格があり、文部科学大臣指定の学校か厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上、必要な知識と技能を修めた人、A外国で作業療法の学校もしくは養成施設を卒業するか、または作業療法士相当の免許を受け、厚生労働大臣の認可を受けた人
 試験は、一般と実地に別れており、科目の概要は以下となります。
 一般:解剖学/生理学/運動学/病理学概論/臨床心理学/リハビリテーション医学/臨床医学大要及び作業療法etc…
実地:運動学/臨床心理学/リハビリテーション学/臨床医学大要及び作業療法etc…
 解剖学、生理学、病理学については、実地がありません他、人間発達学などが含まれる分野もあり、必ず毎年確認の必要があります。また、点字受験者用の問題もあり、受験可能となっています。
■転職の注意点
 採用条件や将来に渡る安定性などが、地域や施設によって大きく異なる点にご注意下さい。公立施設では基本的に厚遇の業務環境と収入の箇所も多くなっています。公務員としての採用枠もある自治体が増えているため、非常に恵まれた状況と言えます。反面、地方や私立施設では、高収入の施設とそうでない部分の差も大きいため、しっかり事前にチェックする必要があります。
 いずれにしても社会的には需要があり、現在は人手不足の職種です。それ故に非常に高い就職率が見込めますので、転職先の条件は、比較的恵まれている部類と言えます。
■試験情報
・合格率:77.3%(2013年度)
・試験日等:例年2月下旬〜3月上旬にかけて(確認が必要)

      ※基本、筆記、実地と連日行う試験となります。
・受験料:10,100円
・問い合わせ先
 厚生労働省医政局医事課試験免許室
 東京都千代田区霞が関1-2-2
 TEL:03-5253-1111
 http://www.mhlw.go.jp/