介護福祉士になるには

介護の仕事の大切さ

■介護の仕事のたいせつさ
1.さあ、介護の仕事に転職しよう
  急速な少子高齢化と共に、近く2025年にはベビーブーム世代が高齢者の仲間入りをすることが確定し、4名〜3名にひとりが高齢者という、スーパー高齢化社会が到来しようとしています。人間誰しも年を取るものですが、長年がんばってきた身体はどこか無理をしているもの。現代の社会では、私たち自身、私たちの家族、身の回りの方は皆、介護の制度にお世話になる可能性があります。介護制度は、私たちの毎日の生活におけるセーフティネットでもあるのです。
  そこで、介護の仕事を考える皆さんに、お仕事内容をご紹介したいと思います。

 

  では、介護の仕事とは、どういった現状なのでしょうか?
  【現状イメージ】
   ・絶対に仕事がなくならない分野であり、成長産業である
   ・圧倒的に人手不足の業界であり、転職がしやすい
   ・顧客から「ありがとう」と感謝されるジャンルのお仕事である

 

  実際、人類が全ての病や老化などを克服し、不老不死にでも限り、未来永劫、永遠になくならないジャンルの仕事です。更に、少子高齢化の中、働き手の減少=高齢者の増加ということで、要介護の方は増え続け、反面に業界はいつも手薄な状況です。
  転職を希望するには、非常に良い条件がそろっていると言えるでしょう。

 

2.介護の仕事はこんなにも必要とされている
  実際、介護の現場では、お年寄りの方を中心に、施設内でのケアにはじまり、在宅、訪問など、様々な方法で、要介護者の立場に立った介護が行われています。トイレ、お風呂、お食事、歩行などのサポートは、基本的に日常の行動のケアになります。
 しかし、それ以外にも、心のケアや、事故等での社会復帰の支援、より専門的な視聴覚障害の方、先天的な障害をお持ちの方へのバックアップなど、介護の専門家を必要とするお仕事ジャンルは、年々広がりを見せています。

 

  【介護分野の必要性】
   ・高齢者への介護:お年寄り中心の介護現場が、高齢化の進展で年々増えている
   ・対象問わず精神面の介護:心のケアの重要度も増している
   ・詳細な専門分野の介護:視聴覚等、詳細な分野の知識を持つ専門家が必要

 

  社会の発展と共に、介護の分野もますます広がりを見せていくことが予想されます。
  介護分野への就職は、社会に最も求められているもののひとつと言えるでしょう。